Moloch / Molech

 

“Demon wetted by tears of mother and children’s blood”

Male god worshiped in the ancient Middle East.

Even among the gods who seeks sacrifice to human beings, he has a cruel nature.

The sacrifice to be offered to him is a human neonate and a young child, they are burned alive.

「母親の涙と子供達の血に塗れた魔王」

古代の中東で崇拝された男性神。

人身供犠を求める神の中でも一際残虐な性質を持つ。

彼にささげられる犠牲は人間の新生児や幼い子供であり、それらは生きたまま祭壇で焼き殺される。

 

There were seven shelves on the altar of the sacrifice of Moloch.
Flour,rufous turtledove,ewe,nunny goat,calf,cow, and human newborn and young children were dedicated to each.

Both newborn babies and young children who are sacrificed are said to be the first child of those who succeed to the kingship.
In the sacrifice ceremony, a tremendous sound of cymbals, trumpets, drums sounds, which is supposed to drown out the child’s cry.

In the people of Israel this god was regarded as a pagan god to avoid.

The original name is moloch, but the same vowel as “bosheth” meaning “shame” in Hebrew is applied and common to call it molech.

 

モロクを象った生贄の祭壇には七つの棚が設けられており、それぞれに小麦粉、雉鳩、牝羊、牝山羊、仔牛、牝牛、そして人間の新生児や幼い子供が捧げられた。

また犠牲とする新生児や幼い子供はいずれも、王権を継ぐ者の第一子であったとされる。
生贄の儀式には、シンバルやトランペット、太鼓による凄まじい音が鳴り響き、これは子供の泣き声をかき消す為のものとされている。

この神はイスラエルの民にとっては、避けるべき異教の神とされた。

元来の名はmoloch(モロク)であるが、ヘブライ語で恥を意味するbosheth(ボシェト) と同じ母音をあて、molech(モレク)と呼ぶのが一般的であった。

© 2019 by Yuuki Mokuya. Proudly created with Wix.com

  • instagram
  • twitter
  • da
  • cat2c
  • whitebreadman3
  • Suzuri